ログイン

めざせ実用化!水空両用型ドローン開発

目標達成!
購入型
アイコン 挑戦者三輪 昌史 所属徳島大学 理工学研究部
支援総額1,315,515円
目標金額1,000,000円
131%
サポーター55人
残り終了済み

プロジェクト

水空両用ドローンの開発

初めまして、徳島大学の三輪と申します。
私は昔、無線操縦の模型飛行機を飛ばすサークルに入り、空撮に挑戦したことがありました。
しかし安定して飛行させるには技術が必要で非常に難しいと感じたので、「誰でも簡単に機体を操作できる装置がほしい」と考え、研究を始めました。

メンテナンス

その後試行錯誤を繰り返し2008年には、ヘリコプター型無人機で事前に設定したルートを飛行させて撮影することに成功しました。しかし、むき出しのプロペラが危険だということと、強風では空中で姿勢を保つことができないという課題がありました。
そのため2009年よりマルチコプタに関する研究を開始しました。

オリジナルドローンこれまでにダクトファンを用いたマルチコプタや倒立型飛行体、推力偏向を用いた姿勢制御法、重心移動や外力を用いたマルチコプタの操作方法、トンネル災害調査用ドローンに関する研究を行ってきました。

今回はクラウドファンディングを利用し、水質などを調査するための水空両用ドローンの研究・開発費の支援を募集します。
世界でも、水空両用ドローンの研究・開発は進んでいますが、実用化されたものはまだ、ほとんどありません。実用化に向けて研究・開発費を支援いただける方々を広く募集いたします。

開発のきっかけ

現在、ドローンと呼ばれているマルチコプタ型のラジコンヘリは、様々な場所で広く使われています。
マルチコプタは、複数のプロペラの回転数を制御することで姿勢を保ち、空を飛ぶのですが、そのためコンピュータがプロペラの回転数を制御してくれる仕組みになっています。
このプロペラは空気中で使用するように設計されていますが、水の中でも推力を発生させることができます。そこで、実際にマルチコプタを水中にいれ、プロペラを逆回転させたところ、潜ることができました。
この実験の結果を受けて、水中でも使用できるマルチコプタの開発を始めました。

ダム水中でも使えるマルチコプタは、例えばダム湖の水中の様子を調査することに活用できると思います。従来、ダム湖の調査ではケーブルが付いた水中カメラをボートに乗せ、移動してから湖の中に水中カメラを沈めていました。そのため、水中カメラの運搬や運用は大変でした。
そこで、カメラを搭載したマルチコプタがダム湖まで飛んでいき、任意の地点で水中にもぐり撮影を行うと、調査の効率化が期待できます。

那賀町ドローン推進室徳島大学のある徳島県では「近未来技術実証特区」を提案し、2015年(平成27年)には、同県那賀町を「徳島ドローン特区」に指定しました。ここでは「ドローンを最も活用する町」を目指したドローン運用が行われています。
また鳥獣害対策、害虫駆除、林業における作業サポートといったドローンを活用した事例をはじめ、現在は物資運搬・輸送手段としてのドローン活用実験も行っています。
そのような環境の中、様々な実証実験などを通して水空両用ドローンのアイデアと必要性を感じていました。

ダム湖日本にはダムが約3000か所あり、建設されてからの経過年数が50年を超えるものが増えてきています。老朽化などによる潜在的リスクが増加している可能性もあります。
日本に数多くあるダムやため池などは、人の出入りの難しい立地にある場合も多く、船を使わずに調査可能になる水空ドローンはそのような場所の調査には最適です。
効率的で経済的なドローンによる調査方法が可能になれば、多くの方々の役に立てると考えています。

現在の研究状況と課題

これまでの研究ではすでにプールで実験を行い、水面まで飛んでいき、着水後に潜水、その後浮上してから離水し、飛んで戻ってくる小型実験機の開発に成功しました。

スタッフ

しかし、実用的な機体にするためには、まだまだ多くの研究課題が残されています。
例えば、水中では電波が届きにくくなります。現在は72MHzの電波を使って操縦をしていますが、おそらく3m程度しか届きません。そこで、水面に電波を受信するブイをうかべ、ブイとマルチコプタはケーブルで接続するようにします。
このケーブルの長さを自動的に調整する装置を開発する必要があります。

他にも、現在の小型実験機は市販の密封容器をもとにした防水ケースのなかに、電子回路やバッテリをいれています。ただしこの防水ケースは、水深2m程度までしか使えないと思います。水深10mに耐えられる防水方法を検討する必要があります。

水空ドローン

さらに現在の機体は水中での移動や潜水・浮上・離水の実験を行う為に開発したものであり、小型な機体です。実際の調査での運用を考えると、稼働時間の延長のために大型のバッテリを搭載したり、ブイを搭載したり、観測用のカメラを搭載する必要があります。そのため、機体のサイズを大きくする必要があります。

このような課題を解決し、市販の大型マルチコプタ(直径15インチのプロペラ、軸間距離56cm)をベースに海水中で水深10mまで活動可能な水空両用ドローンの開発を目標としています。

クラウドファンディングの目的

今回のクラウドファンディングでは、上記の課題を解決し実用的な機体を製作するための研究費の一部として100万円の支援を募集します。

打ち合わせ

水空両用のドローンが開発されれば、将来的にはダムやため池などの調査だけではなく、海や川の浅瀬の生物の調査にも応用できると考えています。
素早く空を飛び、そのまま水中でも活動できるドローンはその他にも様々な場面で活用することができる可能性を秘めています。
現在の実験用機体を大型化し、海水でも水深10メートルで稼働可能な水空両用ドローンの開発を皆さまの支援で実現させたいと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

支援へのリターン

ご支援いただいた方へのリターンとして、ドローンについて正しい知識と操作方法を知っていただけるよう、特別にドローン講習会を開催しトイドローンを飛ばす体験会をご用意いたします。
小学生高学年以上の方ならどなたでも、ご参加いただけます。
この機会にドローンをもっと身近に感じていただければと思います。
トイドローン

また、水中撮影実験へのご参加もリターンとしてご用意いたしました。
実際に水空ドローンが着水・潜行し、再度空中へ飛び立つ実験の様子を現場で見学いただくことが可能です。
支援をいただいた方には水中でシャッターを切っていただく重要な役目で開発に参加していただきます。
関連する企業の方々のご参加も歓迎いたしますので、研究に対しての意見交換などの場を設けることも考えております。

プール実験

また、ダクトファンスライダーキットと水空マルチコプターキットのリターンをご用意しました。
自分の手で組み立てることができる部品を一式お送りいたします。
不明な部分などはメール等でのサポートを行いますので、これを機会に一緒に開発を体験してみませんか?宜しくお願い致します。

研究室

最後に

今回のクラウドファンディングのプロジェクトで写真・動画を提供していただきました、那賀町ドローン推進室・上勝町・その他これまでに実証実験にご協力いただいた関係者の方々に改めて御礼申し上げます。

振込によるご支援又はご寄附について

「達成型クラウドファンディングによる支援」の場合は、目標金額に達成した場合に決済が確定される仕組みとなっている関係から銀行口座に振り込み頂く場合は、次の手順が必要になります。
「寄付」の場合には返金は致しません。また、基本的にリターンもありませんが、ご希望の場合徳島大学から領収書を発行致します。

<手順>
入金確認のため支援者様の振込名義をお知らせいただく必要があります。
「振込でのクラウドファンディング支援」 OTSUCLEにお問い合わせから連絡して頂くことと御注意事項
お問い合わせページ
https://otsucle.jp/inquiry/
お問い合わせ内容
1行目に「ドローン三輪先生支援」と書いて、必要事項をご入力ください。
寄付の場合は「ドローン三輪先生への寄付」と入力してください。

1必要事項

  • お名前
  • 金額(支援コース名の区分)
  • 支援コースの受講券などリターンの送付先住所、電話番号

 

2御注意事項

  • 振込に際しては振込手数料をご負担願います
  • 万一、プロジェクトが成立しない場合、返金させていただく支援者の方の銀行・支店名・口座番号・口座名義
  • 返金時には、振込手数料はすいませんが支援者の方にご負担願います。

 

3振込先

阿波銀行 本店
普通預金 1425201
一般社団法人大学支援機構 理事長 佐野正孝

挑戦者の自己紹介

アイコン

三輪 昌史

所属:徳島大学 理工学研究部

役職:准教授

 

コメント20

sawadee-krap3352さん
母校でドローンの研究をしてるとは知りませんでした。興味ある領域なので是非成功させてください。今後も応援します。

アイコン

たばこさん
面白い試みと思います。 頑張ってください。

アイコン

黒川俊秀さん
香川眉山会事務局の黒川(機械59年卒)です。 航空モノ大好きです。

アイコン

三輪 昌史
黒川様、ご支援ありがとうございます! 香川眉山会に呼んでいただいた頃から、この分野の研究はだいぶ進みました! またぜひ講演させてください。

アイコン

合田豊さん
株式会社空撮技研の合田です。 プロジェクトの成功をお祈り申し上げます。

アイコン

三輪 昌史
合田さん、ご支援ありがとうございます。 瀬戸内海の海辺の生き物、観察できるようにがんばります。

アイコン

APPLE][さん
小山です、少なくてすみません

アイコン

三輪 昌史
小山さん、ご支援ありがとうございます。 今年も上士幌町の大会があるようです。 そちらの方も、よろしくお願いします。

アイコン

KEITA KASAHARAさん
ご無沙汰しております。 こちらもメキシコで頑張っております。 水陸空ドローン期待しております。

アイコン

三輪 昌史
KASAHARA様、ご支援ありがとうございます! 先日、川での実験をおこないました。 緩やかな流れのところでの実験でしたが、水中の様子も録画できました。

アイコン

Tomohiro Ishikawaさん
三輪先生!石川です。微力ながら、ご協力させて下さい。甥っ子達に水中ドローン撮影体験をさせてあげたいです!

アイコン

三輪 昌史
Ishikawaさん、ご支援、ありがとうございます! 先日、カメラをつけて川の中を映してみました。 小さい魚が泳いでいるのが映ってました。 甥っ子さんに、楽しんでもらえるよう、頑張ります。

アイコン

黒川俊秀さん
お世話になります。 香川眉山会事務局の黒川(機械59年卒)です ウルトラライトプレーンやってました。 モーターパラは現有です。

アイコン

白浜剛さん
母校徳島大学の予算が厳しいと聞き、是非応援したく支援させてください。研究活動頑張ってください。

アイコン

三輪 昌史
白浜様、ご支援、ありがとうございます。 良い機体になるよう、実験がんばります。

アイコン

近藤敏彰さん
三輪先生、応援しています!

アイコン

三輪 昌史
近藤様、応援ありがとうございます。 がんばります!

アイコン

ふきのとうさん
 期待しています。徳島の地を離れると盆の阿波踊りの時以外、徳島という単語を聞くこともあまりないのですが、是非全国に向けて先進の技術を発信できるよう心待ちにしています。  もうそろそろ65歳の第二の人生を迎えるので、閉塞感のある日本において、できるだけ若い人達には夢をもってもらえるよう応援をしたいと考えております。指導教官も含め学生達も大いに頑張って下さい。時には楽しいことばかりではなく、苦労・苦痛も必要です。それが人生の節目節目いい思い出となりやる気もでます。

アイコン

三輪 昌史
ふきのとう様、応援ありがとうございます。 三輪は徳島市出身でして、徳島発の技術として、 この分野を発展させたいと考えています。 ご期待に沿えるよう、がんばります!

アイコン

ゲンゴロウさん
私の応援金額は僅かですが、目標金額を早く達成されんことを祈っています。 操縦体験会には是非とも参加したいと思いますが、実施日は限定されるのでしょうか?(現在、千葉県在住)。

アイコン

三輪 昌史
ゲンゴロウ様、ご支援ありがとうございます。 操縦体験日ですが、日程はまだ未定ですが、土曜日・日曜日になると思います。 また、調整はできると思います。 よろしくお願いします。

アイコン

株式会社 フジタ建設コンサルタントさん
弊社は、徳島県北島町に本社を置く建設コンサルタントで、公共土木分野の測量・設計・調査を主業務としています。 数年前からドローンを導入し、河川調査や災害箇所の写真撮影等に活用しています。 この度、マルチコプターによる水中撮影を体験できるとの事で、弊社技術者がたいへん関心を持っており、この支援に応募しました。

アイコン

三輪 昌史
フジタ建設コンサルタント様、ご支援、ありがとうございます。 私も地形や危険性のために人が近づけないような、 河川調査や災害場所の調査には空中移動できるマルチコプタ型ドローンは 向いていると思います。 将来的には水空型を全天候型に発展させ、 悪天候でも災害現場を観察できる機体に仕上げていきたいと考えております。

アイコン

種池昌彦さん
ドローンは、国内外で開発が目白押しかと思います。そこに割って入るのは大変だとは思いますが、是非実用化を目指し頑張って下さい。

アイコン

三輪 昌史
種池様、ご支援ありがとうございます。 学術的にはここ5年くらいでずいぶん盛んになってきた分野です。 私自身は飛行機・シングルロータのリモートコントロールサポートシステム(操縦支援装置) の研究から続けております。 国内外のライバルに負けないように、頑張りますね!

アイコン

いのうち@徳島さん
徳島大学工学部OBです。クラウドファンディングはこれが初めてです。ほんの気持ちだけですけど、少しでもお役に立てれば幸いです。

アイコン

三輪 昌史
いのうち@徳島様、ご支援ありがとうございます。 徳島は山がおおいですが、海や川もあります。 どこでも使るマシンを目指します!

アイコン

けんばんだんれつさん
実現を祈ります

アイコン

三輪 昌史
けんばんだんれつ様、応援、ありがとうございます。 いいのをつくって、海の生物の観察を楽しめるように、がんばりますね。

アイコン

樫原敏之さん
プロジェクトの成功をお祈りいたします。

アイコン

三輪 昌史
樫原様、応援ありがとうございます。 空と水中では勝手が違うところがありますが、 おなじ”流体”ということで、うまくやってみます。

アイコン

伝書鳩さん
国立大学の経済的な窮状を知り 極めて些少な金額ながら学究に 励む方々のお力となれば幸いです。

アイコン

三輪 昌史
伝書鳩様、ご支援、ありがとうございます。 ご期待に応えられるよう、がんばります。

アイコン

aooさん
初めまして。 水陸両用ドローン開発とのことで、面白そうな研究開発で、応援したいと率直に感じました。 吉野川の上流の様子や下流付近のうなぎの稚魚の様子など、見てみたいと思いました。

アイコン

三輪 昌史
aoo様、ご支援ありがとうございます。 当初はダム湖のなかの調査を目的としていたのですが、 知人から海辺の生物の観察にも使いたいとの希望がありました。 吉野川の観察もいいですね。 川の流れにも対応するよう、頑張ります!

アイコン

Murata Takashiさん
安全な使用 生活の向上 危機管理 のために、ドローンの未来が拡がるよう祈っております。

アイコン

三輪 昌史
ご支援、ありがとうございます! ご期待に沿えるよう、頑張ります!

アイコン

活動報告 8

マルチコプター操縦訓練の体験会について

□マルチコプター操縦訓練(初級)
□マルチコプター操縦訓練(初級+トイラジ付)

上記のマルチコプター操縦訓練の体験会について、以下のとおり実施を予定しております。

 日時:2017年7月15日(土) 午前の部、午後の部に分けて実施予定
 場所:徳島大学 常三島キャンパス内

詳細は追って当サイトに掲載いたします。
よろしくお願いいたします。

1.jpg 2.jpg

日本航空宇宙学会で研究発表しました。

4月13日に日本航空宇宙学会の第48期年会講演会で水空両用型ドローンの研究発表をしてきました。
発表はM2の本多君が行いました。水空両用型ドローンは本多君の修士論文テーマです。

DSC_8949.JPG

DSC_8950.JPG

DSC_8951.JPG

水空両用型は世界的にもまだ珍しく、皆さんに興味深く聴いていただけました。
本多君、お疲れさまでした。

三輪は本多くんのあとに、マルチコプタが斜面で離着陸するための方法を発表してきました。

川での実験

4月11日に、川での実験をしてきました。
これまでは主にプールで実験を行っていたのですが、自然の流れのある中での実験は初めてです。
また、今回は機体にSonyのActionCamを付けて録画をしてみました。
その様子をYouTubeにアップロードしました。

離水と水中移動
https://youtu.be/fKcGEuGL7Qs

水中の様子
https://youtu.be/1Ct_JSLJUck

よーくみると、小さい魚が泳いでいるのが見えます。

3/24 朝7時のNHKニュースで上勝町いろどり事業での実証実験が放送されます。

明日3/24の朝7時のNHKニュースで、上勝町での実証実験の様子が放送されます。

葉っぱビジネスで有名ないろどり事業で、山間地域での葉っぱの運搬などドローンの活用の実用化へ向けて活動しています。

ますますドローンの活躍の場が広がっていますので、ぜひご覧ください。

宜しくお願い致します。

機械学会中四国支部で若手優秀講演フェロー賞を受賞しました。

水空両用型マルチコプターを研究室の学生が発表し、若手優秀講演フェロー賞を受賞することができました。
今後もこの水空両用型マルチコプターの研究を続けるため、皆様からのご支援が必要です。
どうか宜しくお願い致します。

https://youtu.be/NzQY0K3Cnn0

ラジオに出ます。

エフエムビザン金曜日の番組、徳島LSC 純夏のWaterside NOW !に出演します。
先日、シドニーオリンピック銅メダリストの源純夏さんのご協力のもと、
新町川で水難救助用マルチコプタの運用試験を行いました。
そのことをご紹介いただきました。
実験の様子はこちらで紹介されています。
https://www.facebook.com/lifesavingtokushima/
https://www.youtube.com/watch?v=FzUTt0yNBlU

放送は3月3日、午後19:30~20:00です。
よろしくお願いします。

2月28日のドローン墜落報道について

今日の新聞等で、神奈川県藤沢市で2月に発生した、おそらくマルチコプタの墜落事故が報じれらました。
工事現場の撮影飛行中に操縦電波の不具合で操縦不能になり、安全装置が作動して自動的に離陸場所に戻ろうとしていたところ、
クレーンに衝突して墜落し、人に衝突したそうです。
詳しい原因についてはメーカーや専門家が調査をすすめているそうです。

新聞等の見出しでは、”ドローンの墜落で初のけが人”といったふうに報道されていますが、
これはおそらく2015年12月の航空法改正後の初の人身事故という意味だと思います。
残念ながら、これまでに人身事故は発生しておりますので。

無人航空機が広まって来たのが最近であるのと、航空法改正で報告義務があることから、
ニュースとして注目されているようですね。
自律機能を持った無人航空機の運用はまだ始まったばかりです。
今回の報道のような事故が多発しないためにも、運用ノウハウの蓄積が必要ですね。

平成28年度の卒業研究発表会

昨日、2月21日は機械工学科の卒業研究発表会でした。
制御工学研究室では、
・マルチコプタを用いたテールシッタ型VTOLの開発
・マルチコプタ用衝突回避機能
・水難救助用マルチコプタの開発
・可動脚をもつVTOL機の開発
の4件の発表を行いました。

このプロジェクトは、"2017年4月21日 23時59分"までに目標金額 1,000,000円を達成した場合のみ、決済が確定します。

500円(税別)
無制限

500円支援

お礼のメールをお届けします。

サポーター14人
残り終了済み
終了
3,000円(税別)
無制限

ポストカード

小型マルチコプターで撮影した写真で作成する三輪先生研究室オリジナルのポストカード(4枚)です。
お届けするポストカードのデザインはこちらでランダムに選ばせていただきます。

 

配送予定時期 2017年5月~7月頃

サポーター3人
残り終了済み
終了
7,000円(税別)
無制限

フォトブック

小型マルチコプターで撮影した写真で作成する三輪先生研究室オリジナルのフォトブックです。

 

配送予定時期 2017年5月~7月頃

サポーター5人
残り終了済み
終了
10,000円(税別)
無制限

空撮写真セット

小型マルチコプターで空撮した写真で作成する、ポストカード4枚とフォトブックのセットです。
三輪先生が、実証実験などの際にドローンで撮影した写真を使用する、記念のオリジナルセットです。

配送予定時期 2017年5月~7月頃

サポーター5人
残り終了済み
終了
10,000円(税別)
無制限

マルチコプターによる撮影体験(空中撮影)

三輪先生操縦のマルチコプターによる空中撮影体験会に参加できます。支援していただいた方にマルチコプターに搭載したカメラのシャッターを押していただきます。(5枚まで)

撮影体験会は徳島大学常三島キャンパス内で実施予定です。
小学生の撮影体験は保護者の同伴が必要です。

 

開催予定時期 2017年5月~7月頃

サポーター0人
残り終了済み
終了
10,000円(税別)
無制限

マルチコプターによる撮影体験(水中撮影)

三輪先生操縦のマルチコプター(水空機)による水中撮影体験会に参加できます。支援していただいた方にマルチコプターに搭載したカメラのシャッターを押していただきます。(5枚まで)

撮影体験会は徳島市内もしくは近隣の河川で実施予定です。
小学生の撮影体験は保護者の同伴が必要です。

 

開催予定時期 2017年5月~7月頃

サポーター6人
残り終了済み
終了
10,000円(税別)
限定 20個

マルチコプター操縦訓練(初級)

三輪先生の指導によるマルチコプター操縦訓練の体験会に参加できます。30分の座学と20分(5分×4回)の操縦訓練を行います。 操縦訓練は室内用マルチコプター(トイラジ)を使用します。

操縦訓練体験会は徳島大学常三島キャンパス内で実施予定です。
小学生の操縦訓練体験は保護者の同伴が必要です。

 

開催予定時期 2017年5月~7月頃

サポーター1人
残り終了済み
終了
20,000円(税別)
限定 20個

マルチコプター操縦訓練(初級+トイラジ付)

三輪先生の指導によるマルチコプター操縦訓練の体験会に参加できます。30分の座学と20分(5分×4回)の操縦訓練を行います。 操縦訓練は室内用マルチコプター(トイラジ)を使用します。操縦訓練に使用したマルチコプター(トイラジ)はお持ち帰りしていただくことができます。

操縦訓練体験会は徳島大学常三島キャンパス内で実施予定です。
小学生の操縦訓練体験は保護者の同伴が必要です。

 

開催予定時期 2017年5月~7月頃

サポーター17人
残り終了済み
終了
50,000円(税別)
限定 10個

マルチコプター操縦訓練(初級+中級セット)

三輪先生の指導によるマルチコプター操縦訓練の体験会に参加できます。初級に加えて中級の操縦体験ができます。中級の操縦訓練はマルチコプター(水空機)を使用し30分(5分×6回)の訓練となります。

操縦訓練体験会(初級+中級セット)は徳島市近隣で実施予定です。
小学生の撮影体験は保護者の同伴が必要です。

 

開催予定時期 2017年5月~7月頃

サポーター0人
残り終了済み
終了
200,000円(税別)
限定 10個

ダクトファンスライダーキット

三輪先生先生が取締役を務めている徳島大学発ベンチャー企業のMMラボオリジナルのダクトファンスライダーの製作キットです。部品及び設計図を送付しますので、支援者で組み立て可能です。ダクトファンスライダーの楽しさを堪能してください。

 

配送予定時期 2017年5月~7月頃

サポーター0人
残り終了済み
終了
500,000円(税別)
限定 1個

水空マルチコプターキット

三輪先生研究室オリジナルの水空マルチコプターの製作キットです。今回の実証実験で開発したものと同じ部品で製作するキットです。部品、設計図及びメンテナンスマニュアルを送付しますので、支援者で組み立て可能です。限定1個の商品となります。
40MHzまたは72MHzの空用送受信機、バッテリの別途ご購入が必要です。

 

配送予定時期 2017年5月~7月頃

サポーター0人
残り終了済み
終了

このページの
先頭へ