ログイン

徳島大学大学院生物資源産業学研究科

向井 理恵

総サポーター数:0人

研究内容

食を通じた健康増進~誰もが食を通じた健康増進を実現していく~

はじめまして、徳島大学生物資源産業学部の向井理恵です。

食料科学コースで野菜や果物に含まれる成分の機能性を研究しています。

 

私は、短期大学で勉強していた際に、食品に含まれる成分が、健康を増進することがあることを知り、強く惹かれました。

もともとは化学に興味がありましたが、栄養を勉強するにつれて生体は化学反応の宝庫であることや、食品成分は外部からそれらの反応に働きかけるということが面白いと思いました。

しかし、専門的に勉強していないと、機能性食品の使い方だったり、機能性食品と薬剤との違いだったりが分かりづらいのではないかな、とも感じました。

そこで、そういった疑問を持つ消費者の方と、研究を繋ぐことができる人材になりたいと思い、勤めていた食品企業を辞めて、関西の大学で更に専門知識を学んできました。

ご縁があり、徳島大学で研究の機会をいただき、学生さんと共に研究をしています。

P1150897.JPG

研究について

食品は、私たちが生きていくうえで必ず食べるものです。多数の成分が複雑に組み合わさっていますが、その成分には、健康増進の効果が期待されているものがあります。

それらは、機能性食品とよばれます。体の不調は、疾病や体調不良などがありますが、機能性食品を上手に活用できれば、その状況を予防改善し、健康な状況へ近づくことができます。

機能性食品で、健康上の不安を減らしたいと思って研究を進めています。これが実現しますと、認知症や寝たきりの人が減り、健康に年齢を重ねることに繋がります。

 

私の研究では、野菜や果物に含まれるポリフェノールという成分を使っています。

ポリフェノールは、ほとんどの植物性食品に広く含まれていますので、野菜や果物による健康増進に関連しています。

これらの有効成分を使って実験することで、その効果効能を明らかにしてきました。具体的には、ポリフェノールで筋肉量が増加するか、血管の機能を正常に保てるか、といったことを研究しています。

また、どのように食べるとより効果的かだったり、次世代への影響だったりということも併せて考えています。

P1150898.JPG

研究で発見したこと

 

私がこれまでの研究で発見したポリフェノールの効果は筋肉量を維持することです。

筋肉は使わないと萎縮し衰えていきていきます。このように筋肉の萎縮を予防したり、改善したりすることに役立つデータを蓄積しています。

この成果はアスリートの食事の工夫や子どもの成長に繋がっていきます。

食事からポリフェノールを摂取して筋肉にどのような効果があるかという研究は始まってから10年くらいであり、まだまだ分かっていないことが多い分野です。

今後は生活習慣や普段の食事の仕方とポリフェノールの効果の発揮がどう関連しているか、検証していく必要があります。

P1150838.JPG

更に、今後進めたい研究として、機能性食品が次世代に及ぼす影響を考えています。

栄養や食品の分野では母親がどのような栄養習慣であるかが子どもにどのような影響を及ぼすのかという研究があります。

しかし、機能性食品の成分が次世代にどのような影響を及ぼすかはわかっておらず、あまり情報がありません。

最近では動物実験において、ポリフェノールの摂取量が多い場合子どもは糖尿病になりにくい。というデータも出てきています。

つまり、母親がどのようにポリフェノールを食べてきたが子どもの健康に与える影響があるということになります。

この研究を行うには、世代をまたぐ検証が必要であり時間が必要となります。また、影響を見極められる保証もありません。

しかし、この研究は人々の健康を支える重要な情報になるので、ぜひ進めたいと考えています。

P1150872.JPG

メッセージ

研究を通じて、健康を支える食品の効果的な使い方に繋がる情報を集めています。

普段の食事から取ことができるものを中心に研究データを集めたいと思っています。

食事からの影響は必ず体に現れます。誰もが食を通じた健康増進を実現するために微力ながら研究を進めたいと思っています。

普段の研究生活では思っている通りに結果が出ないこともありますが、その不思議さに探求心を掻き立てられています。

くじけそうな時もありますが、一緒に頑張ってくれている学生さんの姿や、私の研究の成果に興味を持ってくださる人のご意見が私を支えてくれています。

 

研究へご興味やご関心がありましたらご支援をいただけると幸いです。

よろしくお願いします。

研究ニュース0

ニュース一覧

サポーターズ0

サポーターの皆様

サポーターはまだいません。

研究サポーター募集中!

下記の支援者は研究応援サポーターとして登録されます。

研究応援サポーターの方には、メルマガなどの情報を配信し研究の進捗などを共有致します。

毎年3万円サポート

向井先生の研究を支援する研究サポーターズに登録させて頂きます。
サポーターズとして毎年3万円のご寄附を頂くプランです。

毎年10万円サポート

向井先生の研究を支援する研究サポーターズに登録させて頂きます。
サポーターズとして毎年10万円のご寄附を頂くプランです。

毎年30万円サポート

向井先生の研究を支援する研究サポーターズに登録させて頂きます。
サポーターズとして毎年30万円のご寄附を頂くプランです。

スポット支援5000円プラン

今回だけ、5000円をご支援いただくプランです。
このプランでは、研究サポーターズには登録されません。

スポット支援1万円プラン

今回だけ、1万円をご支援いただくプランです。
このプランでは、研究サポーターズには登録されません。

スポット支援2万円プラン

今回だけ、2万円をご支援いただくプランです。
このプランでは、研究サポーターズには登録されません。

寄附受入情報

H27 communicationmark jpeg
国立大学法人徳島大学

本プロジェクトに寄付をしていただいた方には、徳島大学から寄付の受領書をお送り致します。
国立大学への寄付になりますので、確定申告の際に受領書を提出することで税の優遇措置を受けることができます。
大切に保管して下さい。

このページの
先頭へ