ログイン

野球界の未来を拓く子どもたちのために少年野球選手のひじ障害を防ぎたい!

Yakyuuhiji
寄付型
アイコン 挑戦者松浦 哲也 所属徳島大学大学院医歯薬学研究部
支援総額287,000円
目標金額500,000円
無制限
サポーター26人
残り31日

プロジェクト

少年野球選手のひじ障害を防ぎたい!

徳島大学大学院医歯薬学研究部の松浦哲也です。

私はこどもの頃の野球好きが高じてスポーツドクターになりました。野球は国民的スポーツで根強い人気を誇っていますが、近年の野球少年たちのひじ障害の問題には強い危機感を抱いています。

少年野球選手のひじ障害の現状

皆様は野球肘の問題をご存じでしょうか?
ボールを投げすぎることにより起きる肘の障害を野球肘といいます。投球時や投球後に肘に痛みが発生し、肘の伸びや曲がりが悪くなり動かせなくなる場合もあります(図1)。野球肘の多くは小学生や中学生の成長期に発生しており、少年野球選手の約2~4割に発症すると言われています。

松浦.jpg

私たち、徳島大学病院整形外科をはじめとするグループは、病院で患者を待ち構えるのではなく、ボランティアとして少年野球大会現場に出向いて障害の早期発見に努める検診活動を1981年から行っております(図2)。

zu2.png

これまでの長期に渡る検診活動の結果、障害の早期発見が可能となってきております。障害が早期発見でき、適切な治療を行った選手の多くは手術することなく完治しています(図3)。おかげで重症例は減りましたが、発生率は変わっていません。

zu3.png

プロジェクトの目的

私たちは、今後、この検診活動に加えて障害の発生を未然に防ぐ「予防」の活動に力を入れて行きたいと考えています。そのためには、障害が発生する要因、メカニズムを明らかにしていく必要があります。

現在、わかっている要因として以下が挙げられています。
①個体の要因
 筋力・柔軟性の不足や未熟な技術によるもの。少年選手ゆえの未熟なからだのため肘に負担がかかってしまいます。

②方法の要因
 トレーニングの量や質、休養不足によるもの。効果的なトレーニング量やその方法、疲労を回復させる休養も大切です。投球数、トレーニング時間、投球フォームなども影響します。

 私たちはこれまでの地道で長期にわたる検診活動を通じて得た結果から、少年野球選手では全力投球数を1日50球以内、1週間200球以内を勧めています。これは投手と野手を比べた場合、1日の全力投球数が投手で150球、野手で50球(図4)であり、故障者が投手で38.4%、野手で12.9%(図5)とそれぞれ投手が野手の約3倍であったことを根拠にしています。

zu4-2.png  zu5.png

 また年間試合数も70試合未満に制限することを勧めています。しかしながら、1日50球や年間試合数70試合がベストなのか否かは、まだ明確にはわかっていません。さらに他の要因、すなわち身体の柔軟性、筋力、手の大きさ(ボールの大きさとの関連)や投球フォームが故障と関連しているのかなどについては、十分に解明されていません。

③指導・管理の要因
 指導者・保護者の知識・安全配慮の不足によるもの。早期発見できても時間がかかる治療に本人や家族、仲間、指導者等の理解が得にくい状況などもあります。指導者・保護者が正しい知識を習得し適切な対応をする必要があります。

④社会環境の要因
 少子化による部員不足によるもの(図6)。少年野球チーム数は減ってきていますが試合数は減っていない現状があります。部員不足のため、障害を抱えた部員がいても他の部員と交代できず、特定の部員に負荷がかかってしまう現状があります。

zu6.png

障害の予防に向けて

私たちは、
・この障害が発生する要因の解明や、その背景を浮き彫りにする研究を進めること
・選手、保護者、指導者等の認識不足による障害発生を防ぐ啓発活動
を進めていき、障害の「予防」に注力したいと考えています。

これにより、「野球肘」に苦しむ多くのこどもたちを助け、楽しく野球を続けていくことが出来ると信じています。ぜひ、私たちのこの活動にご支援いただいて、野球少年たちへのケアの充実にご協力いただければと思います。

ご支援の依頼

私たち、徳島大学病院整形外科をはじめとするグループでは、1981年から少年野球選手を対象とした集団検診を行ってまいりました。診断・治療実績の報告は学術的に評価され、また地域に根差した社会貢献活動としての認知度も高まってきています。

今後は、この検診活動を維持するとともに、より予防に注力した活動を行っていきたいと考えています。

今まで以上に細やかなケアが出来るよう各チームに出向いての検診・予防活動を企画しています。野球をしている全てのこどもたちに、この検診・予防活動を受ける機会を増やしていきたいと考えています。

ただ、このような大会現場に出向いての検診活動を継続し、さらに予防法確立に向けた出張検診や研究を行うためには、かなりの費用が必要となります。現状では、財源の安定しない状況で何とかこの活動、研究を続けております。

私たちは、この活動を進めることにより、「野球肘」に苦しむ多くのこどもたちを助け、楽しく野球を続けていくことが出来ると信じています。

誠に恐縮ではございますが、皆様方からご支援をお願いする次第でございます。どうぞ事情をお汲み取り下さいまして、多くの方々からの心温かいご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

徳島大学への寄付と税制について

  1. 国立大学法人徳島大学へのご寄付につきましては、個人からの寄付では所得税の所得控除、住民税(徳島県と県内市町村が条例で指定する寄付金として)の所得控除、法人からの寄付では法人税の損金算入が認められます。
     
  2. 個人からのご寄付
     徳島大学に寄付金を支出した場合は、所得控除制度が適用され、(総所得金額の40%を上限とした寄付金額)から2,000円を差し引いた額が課税所得から控除されます。実際の税控除額は前記の控除額に各人の税率を乗じたものになります。

     個人住民税については、(寄付金(総所得額の30%が限度)-2,000円)×10%が寄付控除額となります。
     10%の内訳は、都道府県が指定した寄付金が4%、市町村が指定した寄付金が6%となっています。
     ご寄付された翌年の確定申告期間に所轄税務署で確定申告手続きを行う必要があります。その際に、徳島大学が発行する『寄付金領収書』が必要になります。

     住民税の控除適用のみを受けようとする方は、『寄付金領収書』を添えてお住まいの市町村へ「都道府県民税・市町村民税控除申告」を行ってください。
     
  3. 法人からのご寄付
     法人からのご寄付につきましては、寄付金額全額が当該事業年度の損金に算入されます。
     この寄付金による損金算入は、徳島大学が発行する『寄付金領収書』で手続きができます。

 

振込によるご寄付について

 このプロジェクトはクレジットカード決済以外に銀行、郵便振込によるご寄付も受け付けています。

 入金確認のための支援者様の振込名義などをお知らせいただく必要があります。銀行、郵便振込によるご寄附の場合は必ずご記入をお願いいたします。

≪手順≫
①このサイトOTSUCLEの「少年野球選手のひじ障害を防ぎたい!」プロジェクト振込フォーム https://otsucle.jp/cf/inquiry/baseball-player-form/  から次の事項を記載してご連絡ください。
振込先、口座番号等は申し込みをいただいたのち、支援者様に自動返信メールにて連絡します。
 ・振込名義人のお名前
 ・金額
 ・寄付コースの名称
 ・領収書などの送付先住所、電話番号、メールアドレス

②ご注意事項
 ・振込に際しては振込手数料のご負担をお願いいたします。
 ・返金時には、申し訳ありませんが振込手数料は支援者の方にご負担をお願いいたします。

振込申請フォーム

挑戦者の自己紹介

アイコン

松浦 哲也

所属:徳島大学大学院医歯薬学研究部

役職:特任教授

徳島大学大学院医歯薬学研究部の松浦哲也です。 野球好きが高じてスポーツドクターになりました。野球は国民的スポーツで根強い人気を誇っていますが、近年の野球人口減少には危機感を抱いています。野球界の未来を拓くのはこどもたちです。 “こどもにとって野球とはどうあるべきか”真剣に考えることが、今まさに求められています。私は医療の観点から、この問いに答えたいと考えています。

コメント12

浅田 沢さん
学内関係者です。以前、身内が先生の手術を受けました。 あの時は本当にありがとうございました。南常三島から、応援しています!!

アイコン

松浦 哲也
温かいご支援に感謝いたします。未来あるこどもたちのために微力ながら尽くしたいと思っています。

アイコン

牛田成樹さん
自身の経験から怪我で思う様に野球ができない辛さを知っています。 子供達にそういった思いをさせない為にも、野球の底辺拡大の為にも、微力ながら活動を支援させて頂きます。

アイコン

松浦 哲也
第一線で活躍された方からの励ましのお言葉ありがとうございます。今後の野球界のために微力ながら尽くしたいと思います。

アイコン

松本真巳さん
私自身、野球から多くのことを学び、人と出会い、育てられました。 微力ですが、1人で多くの夢ある子どもたちの活躍を願い支援させていただきます。

アイコン

松浦 哲也
ありがとうございます。将来ある子どもたちのために活動を続けていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

アイコン

Jun Motokiさん
趣旨に賛同し、誠に微力ながら協力させていただきます。プロジェクトのご達成をお祈りしております。

アイコン

松浦 哲也
ありがとうございます。皆さんのご期待に応えるよう頑張ります。

アイコン

Yoshihiro Kotouraさん
徳島検診は私の原点です.続けていくことの難しさを乗り越え,なお新しい境地へ向かう先生方の活動を是非応援させてください.

アイコン

松浦 哲也
ありがとうございます。検診による障害の早期発見、障害の背景を探る現場での活動の両輪で頑張ります。今後ともよろしくお願いいたします。

アイコン

Yuki Itoさん
鍼灸師の伊藤由基と申します。 当院へも野球肘で苦しんでいる小学生が来院します。 現状を変えるためにもエコーを導入して予防に力を入れ始めました。 微力ながら応援させていただきます。 よろしくお願い致します。

アイコン

松浦 哲也
ありがとうございます。予防にも目をむけられていることに敬意を表します。現場の最前線で有益となるような情報発信が出来るように努めます。今後ともよろしくお願いいたします。

アイコン

Shugo Maedaさん
野球をする子ども達が増え、また傷害なく競技が続けることができるような活動になるよう期待しています。遠く青森でも少しずつ活動していきたいと思います。

アイコン

松浦 哲也
ありがとうございます。青森では野球人口減少に対する先進的な取り組みが始まっているとうかがっています。徳島でも、このプロジェクトを通じて野球への関心が高まるように努力したいと思います。

アイコン

松澤貴司さん
私の息子も小学6年時に検診にて離断性骨軟骨炎を見つけて頂き、悪化せずに現在中学校でも思い切り野球を楽しんでおります。末永く野球を何世代に渡って楽しみ続けていく為にも絶対必要だと思います。プロジェクトを大いに応援させて頂きます。

アイコン

松浦 哲也
ありがとうございます。息子さんの活躍を祈っています。「こどもにとって野球とはどうあるべきか?」、プロジェクトを通じて発信させていただきます。

アイコン

我妻浩二さん
松浦先生 素晴らしい取り組み、是非応援させていただきます。どうぞよろしくお願い致します。

アイコン

松浦 哲也
ありがとうございます。調査対象となるチームの指導者の方と今週末に面談予定です。良いスタートが切れればと思います。

アイコン

kkentaさん
30年以上前から子どもの肘検診を始められた徳島大学さんが、このような取り組みをされることに非常に大きな意義を感じます。子どもたちのためにという理念を共有して私たちも進んでいきたいと考えます。

アイコン

松浦 哲也
ありがとうございます。まずは投球数制限を中心にプロジェクトを進めたいと思います。

アイコン

キタヤンさん
子ども達の将来を見据えての長年の取り組みに感謝しています。 この試みが順調に進捗することを期待します。

アイコン

松浦 哲也
北岡さん、ありがとうございます。大切に使わせていただきます。早速3チームから調査への応募があり今月末から活動開始予定です。また追って経過等を報告させていただきます。

アイコン

miya-Pさん
松浦先生の活動が進み、ひじ障害に苦しむこどもさんが減ることを期待しています。微力ながら応援させていただきます。

アイコン

松浦 哲也
ありがとうございます。活動の認知度を上げ、地域に根ざしたものになるよう努力します。今後ともよろしくお願いいたします。

アイコン

活動報告 2

第1回報告

現在はプロジェクトに参加いただけるチームを決定している段階です。今月中は興味を持っていただいたチームの関係者の方々に趣旨説明を行うことで時間を費やすことになりそうです。

話し合いの中では、「投球数、試合・練習環境、栄養」と「障害」の関係について調べて欲しいとの依頼が多いです。

「芳名録にお名前掲載(本サイト)」にご支援いただいた支援者様一覧

ご支援ありがとうございます。
「芳名録にお名前掲載(本サイト)」にご支援いただいた支援者様のお名前を謹んで掲載させていただきます。
プロジェクト期間中(2017年12月25日まで)の新たなご支援様のお名前は随時、掲載させていただきます。
 

佐野正孝様
miya-P様
青藍会様
キタヤン様
たけやん様
山下茂雄様
kkenta様
Miyako Moriuchi様
Shu Takahashi様
松澤貴司様
Shugo  Maeda様
Yuki Ito様
よしおかクリニック 院長 吉岡 直樹様
Yoshihiro Kotoura様
Jun Motoki様
松本真巳様
遠藤恭弘様
外野 善巳様
yoshidax様
牛田成樹様
浅田 沢様

 

寄付先の団体情報

H27 communicationmark jpeg
国立大学法人徳島大学

 本プロジェクトに寄付をしていただいた方には、徳島大学から寄付の受領書をお送り致します。国立大学への寄付になりますので、確定申告の際に受領書を提出することで税の優遇措置を受けることができます。大切に保管下さい。詳細は本文の「徳島大学への寄付と税制について」をご参照ください。また、このプロジェクトはクレジットカード決済以外に振込によるご寄付も受け付けています。詳細は本文の「振込によるご寄付について」をご参照ください。

1,000円(税込み)
無制限

お礼のメール

感謝の心を込めて、お礼の手紙を電子メールにて送付させていただきます。
 

※図はイメージです。
 

サポーター2人
残り31日
3,000円(税込み)
無制限

芳名録にお名前掲載(本サイト)

本クラウドファンディングページの「活動報告」ページに芳名録を作成しお名前を掲載させていただきます。

 

リターン一覧

  • 芳名録にお名前掲載(本サイト)
  • お礼のメール

 

※図はイメージです。

サポーター3人
残り31日
5,000円(税込み)
無制限

芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)

徳島大学整形外科ホームページ内に本プロジェクトに支援していただいた方の芳名録ページを作成し支援者のお名前を掲載します。

 

リターン一覧

  • 芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)
  • 芳名録にお名前掲載(本サイト)
  • お礼メール

 

※図はイメージです。

サポーター2人
残り31日
7,000円(税込み)
無制限

野球肘の予防・対策に関する説明書

松浦教授が野球肘の予防・対策方法を解説した「野球肘の予防・対策に関する説明書」を送付します。

 

リターン一覧

  • 野球肘の予防・対策に関する説明書
  • 芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)
  • 芳名録にお名前掲載(本サイト)
  • お礼のメール

 

※図はイメージです。

 

サポーター7人
残り31日
15,000円(税込み)
無制限

プロジェクト応援コース

内容は「野球肘の予防・対策に関する説明書」と同じものです。

 

松浦教授が野球肘の予防・対策方法を解説した「野球肘の予防・対策に関する説明書」を送付します。

 

リターン一覧

  • 野球肘の予防・対策に関する説明書
  • 芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)
  • 芳名録にお名前掲載(本サイト)
  • お礼のメール

 

※図はイメージです。

サポーター9人
残り31日
50,000円(税込み)
無制限

野球肘の予防・対策に関する説明会と検診

指導者、少年野球選手、父兄を対象に松浦教授による説明会を開催します。説明会終了後、出張検診と同様の検診を行います。

 

少年野球チーム単位で参加可能です。1チーム、5万円の支援でチーム関係者(指導者、少年野球選手、父兄等)が参加できます。


テーマ:「野球肘の予防と対策について」
場 所:徳島大学内
予定時期:2018年10月~12月頃
(詳細日程は支援者様に別途、連絡いたします。)


リターン一覧

  • 野球肘の予防・対策に関する説明会と検診
  • 野球肘の予防・対策に関する説明書
  • 芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)
  • 芳名録にお名前掲載(本サイト)
  • お礼のメール

 

※図はイメージです。

 

サポーター1人
残り31日

このページの
先頭へ