ログイン

筋萎縮予防 教育活動の抱負

筋萎縮ゼロプロジェクト~ICUの患者さんにもう一度社会復帰してもらいたい~ 

目標達成!
寄附型
アイコン 挑戦者中西信人 所属徳島大学病院救急集中治療部
支援総額 2,478,000円
目標金額 800,000円
309%
サポーター 94人
残り終了

筋萎縮予防 教育活動の抱負

明けましておめでとうございます。本年度筋萎縮ゼロプロジェクトを宜しくお願い致します。本年度は研究活動と共に教育活動にも精力的に取り組んでいきます。この1月から3月も以下のような講演を行います。

▷2022年25日(土)『第19回なにわ人工呼吸セミナー』
https://tokushimaventilato.wixsite.com/toku-venti/about

●重症患者の筋萎縮とその予防
伝統的な人工呼吸セミナーです。人工呼吸管理を受ける患者では筋萎縮が顕著に進行します。その現状と予防についてお話しします。

▷2022213日(日)『日本離床医学会』

●急性期の筋アセスメント講座
急性期の筋萎縮をどのように評価するか(CT、体組成計、エコーなど)のお話しをします。

▷2022年219日(土)『TXP Medical主催の臨床研究セミナー』
http://txp-research.jpn.org/

●神経筋電気刺激療法(EMS)の多施設無作為化比較試験の研究経験と筋萎縮ゼロプロジェクトのクラウドファンディングの経験を共有します。

▷202233日(木)〜5日(土)『第52回日本心臓血管外科学会学術総会』

●パネルディスカッション:Frail評価や周術期管理(リハビリ・栄養)・術式選択になにが重要か
心臓血管外科術後の筋萎縮評価や筋萎縮予防を目指した取り組みをご紹介します。

▷2022年310日(木)『ECCM Grand Rounds救急虎の巻「敗血症診療指針」を紐解くSSCG2021とJ-SSCG2020 の違い』
https://akp-pharma-digital.com/seminar/detail/G1-2112-0019

●Long-term outcomes and goals of care: PICS
集中治療後症候群(PICS)の最新のエビデンスについてお話しします。

▷2022年313日(日)『日本離床医学会』

●急性期の筋萎縮対策の講座
急性期の筋萎縮をどのように予防するかのお話しをします。

▷2022318日(金)~20日(日)『第49回日本集中治療医学会学術集会(仙台国際センター)』

●シンポジウム:セッションテーマ:早期回復のために神経筋電気刺激療法はどのように使用するべきか?
上肢における神経筋電気刺激療法についてソリウス(ミナト医科学株式会社)の神経筋電気刺激療法(EMS)を持いた研究についてお話しします。

●パネルディスカッション:敗血症/敗血症性ショックの基礎研究
敗血症モデルマウスにおける前脛骨筋、横隔膜および心筋の萎縮に関してお話しします、筋萎縮ゼロプロジェクトで昨年から始めた筋萎縮の基礎研究についての初の発表です。

●一般講演:本邦での筋肉量評価における超音波検査の実施状況と障壁:全国規模横断研究
産業医科大学の縄田先生が昨年御協力をして頂いた筋肉量評価のアンケート調査の結果について発表して下さいます。

▷2022328日(月)『企業共催早期離床Webセミナー』
急性期栄養療法と早期離床を考える。

●急性期の早期栄養管理に関する最新トピックスをお話しします。

2月3月は大忙しですが、多くの方に筋萎縮の予防、PICS(集中治療後症候群)の予防を知ってもらい、一人でも多くの方の社会復帰を目指していきます。研究のみでなく、教育、臨床も精一杯頑張っていくのが今年の目標です。

今年も応援宜しくお願い致します。

神戸大学 災害救急医学分野 医員
徳島大学 救急集中治療部 非常勤研究員
中西信人

miguel-henriques-RfiBK6Y_upQ-unsplash.jpg
 

 

寄附受入情報

H27 communicationmark jpeg 2

 本プロジェクトに寄付をしていただいた方には、徳島大学から寄付の受領書をお送り致します。国立大学への寄付になりますので、確定申告の際に受領書を提出することで税の優遇措置を受けることができます。大切に保管下さい。詳細は本文の「徳島大学への寄付と税制について」をご参照ください。また、このプロジェクトはクレジットカード決済以外に振込によるご寄付も受け付けています。詳細は本文の「振込によるご寄付について」をご参照ください。

このプロジェクトはオールイン型ですので、目標金額の達成状況によらず支援が実施されます。

15,000円(税込み)
無制限

<オススメ>救急集中治療部カフェ

救急集中治療部カフェを開催し、救急集中治療の現状やワークショップなど を通して、救急集中治療のことを学んで頂きます。プロジェクトの成果報告 などについて、徳島大学蔵本キャンパスでサイエンスカフェを開催します。

リターン内容

  • お礼のメール
  • 活動報告書の送付
  • 活動報告書へのお名前掲載
  • 救急集中治 療部カフェ参加権
サポーター18人
残り終了
終了
10,000円(税込み)
無制限

活動報告へのお名前記載

ご支援いただいた方のお名前を、作成する活動報告書の上に掲載させて頂きます。

リターン内容

  • お礼のメール
  • お礼動画
  • 活動報告書の送付
  • 活動報告書へのお名前掲載
サポーター23人
残り終了
終了
5,000円(税込み)
無制限

活動報告

支援していただいた方には、プロジェクトの研究活動などをレポートにまとめ て、活動報告書としてお送り致します。

リターン内容

  • お礼のメール
  • お礼動画
  • 活動報告書の送付
サポーター24人
残り終了
終了
2,000円(税込み)
無制限

お礼のメール

ご支援いただいた方へお礼のメールをお送り致します。

 

 

リターン内容

  • お礼のメール
サポーター8人
残り終了
終了
3,000円(税込み)
無制限

お礼動画

プロジェクト終了後、近況報告とお礼を動画で公開させていただきます。

リターン内容

  • お礼のメール
  • お礼動画
サポーター12人
残り終了
終了
50,000円(税込み)
無制限

救急集中治療部カフェの スポンサー

私たちの活動サポートして下さる方を募集します。
救急集中治療部カフェを開催する会場にお名前または企業ロゴを掲示します。

 

リターン内容

  • お礼のメール
  • お礼動画
  • 活動報告書の送付
  • 活動報告書へのお名前掲載
  • スポンサーとして会場などにロゴ掲示
サポーター6人
残り終了
終了
100,000円(税込み)
無制限

プロジェクト応援

ご支援いただいた方への返礼の品はありません。
全額をプロジェクト推進のために活用させて頂きます。

 

リターン内容

  • お礼のメール
  • お礼動画
サポーター3人
残り終了
終了

このページの
先頭へ