ログイン

阿波踊りの原点、蜂須賀時代の自由な踊りを皆で楽しむ「蜂須賀まつり」を開催したい

購入型
アイコン 挑戦者蜂須賀まつり実行委員 所属
支援総額485,000円
目標金額1,000,000円
無制限
サポーター55人
残り終了済み

プロジェクト

阿波踊りの原点に立ち返る「蜂須賀まつり」を開催したい

徳島の夏を彩る「阿波踊り」は、今や日本全国に普及し、リオのカーニバルと並ぶ世界の踊りと言われています。一説には、天正14年(1586)に徳島藩祖蜂須賀家政が徳島城落成の際に町人たちに飲食を振る舞い、無礼講を許したのが「阿波踊り」の始まりとされています。

その後、江戸時代を通じて城下町で踊り継がれましたが、一揆や暴動に幕府が神経をとがらせる中、徳島藩は再々禁令をだし、阿波踊りを規制したと言われています。

昨年の夏、「二代藩主蜂須賀忠英が、城下町の町人に踊りを命じ、徳島城内の舞台で各町の町人がいずれも踊った。」という内容の史料が徳島城博物館の学芸員によって発見されました。過度な風紀の乱れを防ぐために規制を加えつつも、阿波の殿様は阿波踊りを民の踊りとして見守り育んでくれていました。

近年の連を中心とした阿波踊りは、毎年130万人以上の人出で賑わう一大イベントに成長しました。しかし、芸術性を追い求めるあまり、見せることにこだわり自由奔放さに欠けてきたように思います。「手を上げて足を運べば阿波踊り」と言われるように、誰でも自由に楽しめる踊りが本来の姿です。そこで、今一度阿波踊りの原点である蜂須賀時代の自由奔放な盆踊り、組踊りに立ち返ることにより、さらなる民衆のエネルギーとしての「阿波踊り」を世界に発信していくことを企画するものです。

_____________.jpg

このまつり発案者の四宮生重郎は、昭和3年に徳島市に生まれ、 終戦後、南満州から徳島に帰国後に盆踊りと出会いました。それ以来65年以上踊り続けています。
昭和23年に阿波踊りの娯茶平連へ入連。6代目連長を務めました。その後、平成元年、娯座留連結成、南新町振興会 街角踊り広場スタート。
平成25年連長を退き、新たに"阿呆の介"を結成して、今に遺せし盆踊りを楽しんで踊り、生きがいとしています。

実行委員長、大西智城は徳島市寺町の願成寺、同市飯谷町の地蔵院(高野山真言宗)の各住職。昨年まで仁和寺(京都市右京区)の執行・真言宗御室派財務部長を務めていました。

まつり発案者、四宮生重郎の想い

戦後阿波踊りを踊り始めて60有余年、徳島の阿波踊りも日本中に広がり、海外公演も増えてきました。
しかし、そのDNAをたどると原点は何といっても、徳島であり徳島城にあります。
徳島城博物館の調査で二代目の藩主が領民を招き入れて踊りの輪を作ったという史実発見もあったところです。

IMG_2405.jpg

ショー的要素が美しい現代の阿波踊りも素晴らしいのですけれども、その始まりは庶民の素直な楽しみ、喜びの発露であったはずです。
連での踊り以前には「組踊り」という地域の結びつきによる踊りの賑わいもあって、今の時代そういったものも益々大事にしたいです。
四月にはこういった阿波踊りの原点に回帰する歓びのお祭り『蜂須賀まつり』を開催して、市民県民が集い、やぐらの上の太鼓に合わせて踊りの輪に参加して頂きたいと思います。

またこうしたことを通じて、阿波踊り発祥の地 徳島城をみんなで守っていきたいと思います。

matsuri.jpg

大西実行委員長から

四宮生重郎さんには、長年阿波踊りの指導をして頂いておりまして、「品よく」踊るということの難しさを痛感しています。
このたび、四宮さんが阿波踊り人生の集大成的に「蜂須賀まつり」を企画されました。
私ども有志十数名は、この四宮さんの熱い想いに惚れ込んで、何かお手伝いできることはないかと実行委員会を組織したところです。
この祭りを是非とも成功させて、徳島城の名物行事として将来に向けても大きく発展させていきたいと願っております。

IMG_2411.jpg皆が思い思いの衣装でお城に集い、昔の時代の衣装をまとった人も混じって、老若男女、皆が楽しく嬉しく徳島に踊りの輪を作る。
日頃の忙しさを忘れて自由奔放に踊る。
この構想をどうやって実現するのか、いま、実行委員会で衆知を集めて考えています。
この行事について大きな予算を伴うものではありませんが、市民・県民の皆様の幅広いご支援が得られればと考えています。

今回、徳島大学で開発されたクラウドファンディングという仕組みを知り、祭り輪の中心で鳴る太鼓のやぐらづくりの資金の一部をインターネットの世界で皆様に広く支援をお願いすることになりました。ご支援に応じて記念品をお送りする仕組みでございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

maturi_img.png

徳島城博物館25周年事業との連携

徳島城博物館(徳島市徳島町城内1番地の8)では、創立25周年を記念して自主事業を実施しますが、これに際して、「蜂須賀まつり」とのコラボレーションを行います。
平成29年4月9日の午後から、博物館ロビーにおきまして次のような行事が行われる予定です。
この行事の終了後、引き続き、鷲の門広場で「蜂須賀まつり」が開催されます。

  1. 蜂須賀と阿波踊りに関する講演
  2. 新作浄瑠璃発表会
  3. 時代行列 15:30~
    博物館出発~公園内~ポッポ街~駅前~NHK南側~立体交差~鷲の門
    甲冑姿の武士も登場し、当時の衣装を着た方々も行列が終了後、踊りの輪に参加します。

徳島城の名物行事へ

このお祭りが、市民の皆様の支持を受け今後も継続的に行われる徳島城の名物行事となることを願っています。
多くの方が気軽に自由に踊りの輪に参加できる楽しいまつりとなるように、実行委員会では知恵を出し合い準備をしています。

是非とも、皆様に蜂須賀まつりの趣旨にご賛同いただきご支援頂けますようお願い申しあげます。
よろしくお願いいたします。

支援へのリターンとして記念品をご用意しております

  1. フォトブック
    まつり当日の様子をスタッフが撮影いたします。
    第一回目の蜂須賀まつり記念に徳島城の綺麗な風景とともにまつりを楽しむ人達の様子を撮影し、文庫本サイズのフォトブックとしてまとめます。
    ページ数は24ページで、約80枚程の写真を選択して作成する予定です。
     
  2. 特製タオル
    四宮さん直筆の蜂須賀まつりロゴを印刷した、タオルを作成します。
    使いやすい白地のタオルですので、お手拭きや台拭きとして日常生活の中でご利用できる実用的なアイテムです。
     
  3. 特製キャンバスバッグ
    四宮さん直筆の蜂須賀まつりロゴを印刷した、キャンバスバッグです。
    A4サイズも余裕をもって収容可能なサイズでシンプルなデザインですので、普段のお買い物などにも活用できます。
    持ち手は肩から、下げられるサイズですのでちょっとしたお出かけ時の荷物入れにも最適です。

「蜂須賀まつり」実行委員会

                             

顧問 西川 政善
委員長 大西 智城
副委員長 浅香 寿穂
副委員長 木内 宏
   千佳子
委員 瀧山 雄一
委員 木村 勝成
委員 三木 レイ子
委員 酒井 勇治
事務局長 四宮 生重郎
会計 高橋 陽子

挑戦者の自己紹介

アイコン

蜂須賀まつり実行委員

蜂須賀まつり実行委員会は、四宮生重郎さんの思いに賛同したメンバーで構成されています。 徳島城内で、昔ながらの誰でも自由に楽しく踊ることを原点とした阿波踊りのまつりを開催します。

コメント8

たみさん
生重郎さんの「阿波踊りスピリット」に感銘を受け続けています! 寄る年波に抗いつつ、遠方で女踊りを嗜んでおりますが、体力的にも見た目的にも、正直「いつまで踊れるか」という不安が常に付きまとっています。 そんな中で、みんなが集まって自由な衣装で自由に踊るという、原点回帰の”歓びのお祭り”という呼びかけを見て、頭の中がパッと明るくなるような気持になりました。 ぜひ「阿波踊りの精神はこれだよ!」という原点を見せてくれる、素晴らしいお祭りにしていただきたいと思っています。 お祭りのご成功、心から応援しております。

アイコン

蜂須賀まつり実行委員
ご支援ご声援ありがとうございます。当日は、徳島城博物館の行事「時代行列」に続いての「蜂須賀まつり」です。 踊りには行列に参加した甲冑武者も参加する模様です。その際に併せて四宮さんの阿波踊りワンポイントレッスンも予定されています。 長期天気予報を見ますと4月9日は雨ではなさそうですので、楽しみにしています!!

アイコン

Yukio Otsukaさん
蜂須賀まつりの大成功をお祈りしております!頑張ってください。

アイコン

蜂須賀まつり実行委員
温かいご支援大変ありがとうございます。皆様のご支援により蜂須賀まつりを成功させることが出来るよう頑張っていきます。クラウドファンディングも最終コーナーで頑張ります。

アイコン

Koichi Tamuraさん
四宮さんの長年の企画実現おめでとうございます。当日楽しみにしています。 田村耕一

アイコン

蜂須賀まつり実行委員
ご支援有難うございます。蜂須賀まつりの知名度が少しづつ広まっているのを感じております。あと少し頑張っていきます。

アイコン

佐野正孝さん
実行委員会の皆さま、毎日のご努力に敬意を表します。 私も当日は写真班含めお手伝いに参加します。

アイコン

batayan0814さん
応援します!

アイコン

蜂須賀まつり実行委員
ありがとうございます。

アイコン

Kitaoka Kazuyoshiさん
「蜂須賀まつり」が徳島の春に欠かせないイベントに成長するのを楽しみにしています!

アイコン

蜂須賀まつり実行委員
支援と激励を有難うございます。更に情報発信して、徳島に新たな文化を築いていきたいと考えています。ご協力よろしくお願いします。

アイコン

ジロウさん
4月9日、蜂須賀まつり、楽しみにしてます。 面白いイベントにしてくださいね。

アイコン

蜂須賀まつり実行委員
支援と激励を有難うございます。更に情報発信して、徳島に新たな文化を築いていきたいと考えています。ご協力よろしくお願いします。

アイコン

Tsuyoshi Tateishiさん
頑張ってください!

アイコン

蜂須賀まつり実行委員
支援と激励を有難うございます。更に情報発信して、徳島に新たな文化を築いていきたいと考えています。

アイコン

活動報告 10

「蜂須賀まつり」第一回開催のお礼

皆様にご支援いただきました「蜂須賀まつり」第一回は去る4月9日(日)に大勢の市民県民の方のご参集を得て成功裏に終えることが出来ました。
大変ありがとうございました。

当日は、前日までの雨が上がって打って変わった素晴らしい天気となり、桜満開の徳島城公園での開催となりました。
遠藤徳島市長が扮する蜂須賀様の時代行列の後、四宮生重郎さんご夫妻が揃って開会し、飯泉徳島県知事からの挨拶があり、参加者一同喜びに満ちた踊りの輪が大きく膨らみました。
一般の方々に加え渦の会様を始め様々な支援グループに踊り、演奏と参加いただき楽しい楽しい一日となりました。
当日の写真の一部をもって報告いたしますとともに改めて感謝のお礼を申し上げます。

蜂須賀まつり実行委員会委員長 大西智城

4DSC_9636.JPG

5DSC01143.JPG

10DSC01162.JPG

18DSC01206.JPG

23DSC01220.JPG

23P4091923.JPG

26DSC01236.JPG

31DSC01246.JPG

33DSC01263.JPG

35DSC01258.JPG

35DSC01271.JPG

35DSCF3204.JPG

43DSCF3275.JPG

45DSC01297.JPG

51DSC01367.JPG

57DSCF3246.JPG

52DSC01372.JPG

59DSC01424.JPG

61DSC01426.JPG

64DSC01431.JPG

65DSC01823.JPG

xDSC01838.JPG

 

thanks.png

リターン用のオリジナルグッズが届きました!

IMG_2892.JPG

多くの方から支援をいただき、4月9日に開催されました「蜂須賀まつり」のクラウドファンディングのリターンが届きました。
本日より、配送の手続きなどを行なっていきますので、ご支援いただいた方はお手元に届くまで、もう少しだけお待ちください。

記念すべき第一回蜂須賀まつりのオリジナルのグッズ

IMG_2885.JPG
四宮さん直筆のデザインをプリントした蜂須賀まつりオリジナルのバッグ

IMG_2884.JPG
四宮さん直筆の蜂須賀まつりロゴ入りタオル

IMG_2886.JPG
記念すべき第一回蜂須賀まつりの様子を納めたフォトブック

第1回蜂須賀まつりを開催いたしました!

平成29年4月9日「蜂須賀まつり」は、天気予報を覆す晴天の下、大盛会に終わりました。
四宮生重郎さんの華麗な踊りと参加者の盛り上がりを映像で報告いたします。

1:四宮さんのワンポイントレッスン
https://youtu.be/uFj6DSFJlIY

2:踊りの輪に入った四宮さん
https://youtu.be/Zq2EG8ZPmuI

3:盛り上がる市民の踊り
https://youtu.be/ZNyVa3dJGtA

阿波ぞめき 渦の会の皆様からご支援をいただきました。

本日、新たにご支援をお預かりしました。

阿波ぞめき 渦の会の皆様、ご支援ありがとうございました。
支援の募集期間も残りわずかとなり、蜂須賀まつりの開催日も近くなってまいりました。

皆様と一緒に楽しいまつりを開催できるよう、準備を進めてまいります。

本日の朝日新聞朝刊 徳島県版に 蜂須賀まつりの概要とOTSUCLEによる支援が大きく報道されました

3月21日火曜日の朝刊です

これをご覧になった皆様からのご支援をお待ちします

http://www.asahi.com/articles/ASK2R465QK2RPUTB008.html

FM徳島で広報やります

本日、3月21日18:30頃からFM徳島で蜂須賀まつり実行委員会の木内さんと徳島大学の担当者が「蜂須賀まつり」の概要とクラウドファンディングによる支援について説明をします!

クラウドファンディングについては24日金曜日23:00まで支援募集していますので、まだまだ時間があります。皆様よろしくお願いします。

IMG_0317.JPG

新たなご支援とメッセージをいただきました。

新たにご支援を頂いた方からメッセージを頂きましたのでご紹介します

何歳になっても「手を上げて足を運べば阿波踊り」
第一回『蜂須賀まつり』が盛大に成功して、毎年開催されますよう期待しています。


森珈琲店 森富美子様
株式会社 凡智様
株式会社 モードパルトラサルディ徳島様
えきまえ土地(有)様
(株)成城様

出水 康生様
西川 政義様

田村 富子様
酒井 千恵子様
稲木 美紗子様
柳生 富江様
清重 泰孝様

皆様、ありがとうございました。

 

徳島新聞でご紹介いただいました。

クラウドファンディングでの取り組みを記事にしていただきました。

hatisuka_media.png

蜂須賀まつり実行委員会でまつりについて話をしました。

IMG_0255.JPG

3月4日に開催された実行委員会では、当日、徳島城博物館が行う蜂須賀時代絵巻(協賛行事)との連携や、まつりに花を添える出店の見込みなどが協議されました。
・子どもが焼ける「滝の焼餅」
・豆天玉連の出店見込み
・阿波観光ホテルの出店見込み
・海陽町から「めだかすくい」出店
・茜庵の蜂須賀まつり記念饅頭
・お菓子やおもちゃのプレゼント
・四宮生重郎さんによる阿波踊りワンポイントレッスン
・新作「蜂須賀音頭」の発表 踊り:四宮生重郎 三味線・歌:鶴澤友輔

また、鷲の門広場の砂利敷きを一時的に撤去して踊りやすくすることやボランティアの募集などが議論されました。

IMG_0256.JPG

4月9日は徳島城博物館開館25周年記念イベントも実施中ですので、こちらもよろしくお願いします。

hachisuka_emaki.jpg

蜂須賀まつり実行委員会へご支援を事務局までお届けいただきました。

 下記の方々より、蜂須賀まつり実行委員会へご支援をしていただきました。
ありがとうございました。

蜂須賀まつりが徳島城での恒例のまつりとなるよう、実行員会では努力を重ねていきたいと思います。

今後とも、宜しくお願い致します。

四宮 生重郎・悦子様

大西 順子様

安川 キヨ子様

安川 君江様

林 啓子様

三木 レイ子様

森 富美子様

松尾 智子様

高橋 陽子様

武村 佐江様

西川 佳男様

森浦 源泰様

大西 智城様

大西 秀城様

吉田 光子様

原 美智子様

三隅 由美子様

3,000円(税込み)
無制限

お礼メールコース

主催者からのお礼をメールでお届けいたします。

サポーター5人
残り終了済み
終了
5,000円(税込み)
無制限

蜂須賀まつりフォトブック

蜂須賀まつりの当日撮影した写真で作成するフォトブックを記念に作成します。
第一回の記念として、祭りの様子をスタッフが撮影いたします。

  • お礼メール
  • フォトブック
サポーター23人
残り終了済み
終了
10,000円(税込み)
無制限

蜂須賀まつり特製タオル

蜂須賀まつり開催の記念にロゴを印刷した特製タオルを作成します。
まつりの当日に撮影した写真で作成するフォトブックを合わせて記念にプレゼントします。

  • お礼のメール
  • フォトブック
  • 特製タオル x 2
サポーター4人
残り終了済み
終了
10,000円(税込み)
無制限

蜂須賀まつり特製キャンバスバッグ

蜂須賀まつりのロゴを印刷した特製キャンバスバッグです。
まつりの当日に撮影した写真で作成するフォトブックを記念にプレゼントします。

  • お礼メール
  • フォトブック
  • 特製キャンバスバッグ
サポーター16人
残り終了済み
終了
15,000円(税込み)
無制限

蜂須賀まつりセット

蜂須賀まつりのフォトブック、特製タオルとキャンパスバッグのセットです。
蜂須賀まつりの初回記念の品を全てセットにしました。

  • お礼メール
  • フォトブック
  • 特製タオル x 2
  • 特製キャンバスバッグ
サポーター3人
残り終了済み
終了
30,000円(税込み)
無制限

蜂須賀まつりワイワイセット

蜂須賀まつりのロゴを印刷した特製キャンパスバッグを2つセットに、さらに特製タオルを5枚セットにしたコースです。
まつりの当日に撮影した写真で作成するフォトブックを記念にプレゼントします。
蜂須賀まつりをお知り合いの方と一緒に楽しんでください。

  • お礼メール
  • フォトブック
  • 特製タオル x 5
  • 特製キャンバスバッグ x 2
サポーター3人
残り終了済み
終了

このページの
先頭へ