ログイン

本研究の患者報告型(主観的)アウトカム、オンラインシステムと生活の質Quality of Life (QoL)

希少がん・肉腫患者2400人の「声」を治療につなげたい!Quality of Lifeのオンラインシステム実現プロジェクト

初期目標達成!まだまだ挑戦中
寄附型
アイコン 挑戦者土岐俊一 所属徳島大学 徳島大学運動機能外科(整形外科) 
支援総額 5,273,555円
目標金額 3,000,000円
175%
サポーター 138人
残り17日

本研究の患者報告型(主観的)アウトカム、オンラインシステムと生活の質Quality of Life (QoL)

徳島大学整形外科の土岐です。いつも応援ありがとうございます。このプロジェクトのきっかけになった論文があります。

進行期の「がん」患者に対してスマートデバイスを用いて症状をモニタリングしたところ生存期間が延長した、という研究報告です。しかも、2017年の同時期に、2つ出ました。欧米から出たこれらの論文は、がん診療に大きなインパクトを与えたと言えます。インターネット回線を利用したこのオンラインシステム(電子的手法を用いた患者報告型アウトカム;ePROシステム)こそ、私が本研究で取り組んでいる、患者の「声」を治療へつなげる仕組みです。

今回は、この論文について簡単に紹介させていただきます。

1つ目は、アメリカからの論文です。化学療法を開始した進行肺がん,乳がん,泌尿器科がん,婦人科がんなどの患者766 人を対象とし、12の症状に関するePROシステムの利用の有無で2群に分けて比較した結果、ePRO利用者群では約5ヶ月、生存期間が長くなっていました。ePROシステムには、危険な症状のレベルでは医療者に知らせるアラート機能が実装され、主に看護師からの電話カウンセリングなどの対応が取られました。

▷Basch E, Deal AM, Dueck AC, et al. Overall Survival Results of a Trial Assessing Patient-Reported Outcomes for Symptom Monitoring During Routine Cancer Treatment. JAMA. 2017;318(2):197-198.

2つ目は、フランスからの論文です。133名の進行期肺がん患者を対象に,ePROシステム導入の有無での2群に分けて比較検証しました。ePROを利用しない群では,CTなどの検査を頻回に受けるようにデザインされました。結果は、ePRO利用群で約7ヶ月の生存期間延長が得られました。医療者が病状の進行を早期に発見し,適切な対応・治療を行ったことが生存期間の延長、さらにQoLの改善につながったと報告されています。

▷Denis F, Lethrosne C, Pourel N, et al. Randomized Trial Comparing a Web-Mediated Follow-up with Routine Surveillance in Lung Cancer Patients. J. Natl. Cancer Inst. 2017;109(9):djx029.

患者さんのQoLは、命の存続ということと共に、もう一つの医療アウトカムを評価する柱と言えます。しかしながら、多様性で流動的な人間のQoLというものは一般化して捉えることが難しく、また客観的データと異なり収集の煩わしさ等から敬遠されてきた側面もあります。とりわけ患者数が少ない疾患・がんでは、まずこのデータ量が乏しいという実情です。

このプロジェクトでは、希少がんの1つである肉腫患者さんにおいてQoLや症状に関する患者主観的なデータ「声」を集めて、エビデンス創出の足掛かりにしていきます。

数ヶ月や1−2年では答えの出ない研究であると考えております。継続性をもって進めていけるよう精進してまいります。

P1170293.JPG

寄附受入情報

Logo
徳島大学

本プロジェクトに寄付をしていただいた方には、徳島大学から寄付の受領書をお送り致します。国立大学への寄付になりますので、確定申告の際に受領書を提出することで税の優遇措置を受けることができます。大切に保管下さい。詳細は本文の「徳島大学への寄付と税制について」をご参照ください。また、このプロジェクトはクレジットカード決済以外に振込によるご寄付も受け付けています。詳細は本文の「振込によるご寄付について」をご参照ください。

このプロジェクトはオールイン型ですので、目標金額の達成状況によらず支援が実施されます。

3,000円(税込み)
無制限

お礼のメール

ご支援いただいた方へお礼のメールをお送りいたします。

サポーター5人
残り17日
5,000円(税込み)
無制限

芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)

徳島大学整形外科ホームページ内に本プロジェクトに支援していただいた方の芳名録ページを作成し支援者のお名前を掲載します。
お名前は本名で掲載させていただきます。(希望者のみ)

リターン内容

  • 芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)
  • お礼のメール
サポーター13人
残り17日
10,000円(税込み)
無制限

活動報告

支援していただいた方へ、プロジェクトの研究活動をレポートにまとめて、活動報告としてPDFでお送りいたします。

リターン内容

  • 活動報告
  • 芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)
  • お礼のメール
サポーター58人
残り17日
15,000円(税込み)
無制限

サイエンスカフェ参加権@オンライン

オンラインでのサイエンスカフェにご招待します。皆さまと骨・軟部腫瘍の研究や治療法などについてディスカッションしたいと考えています。 実施は2021年12月4日(土)13:00~14:30を予定しています。日程については予定であり、変更になる可能性があります。

リターン内容

  • サイエンスカフェ参加権@オンライン    
  • 活動報告
  • 芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)
  • お礼のメール
サポーター2人
残り17日
20,000円(税込み)
無制限

プロジェクト成果の論文送付

支援していただいた方へ、プロジェクトの成果論文を送付します。

リターン内容

  • プロジェクト成果の論文送付
  • サイエンスカフェ参加権@オンライン
  • 活動報告
  • 芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)
  • お礼のメール
サポーター23人
残り17日
50,000円(税込み)
無制限

オンラインセミナー受講権

希少がんである肉腫についてのオンラインセミナーへご招待します。 実施は2021年12月18日(土)13:00~15:00を予定しています。日程については予定であり、変更になる可能性があります。

リターン内容

  • オンラインセミナー受講権
  • プロジェクト成果の論文送付
  • サイエンスカフェ参加権@オンライン
  • 活動報告
  • 芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)
  • お礼のメール
サポーター16人
残り17日
100,000円(税込み)
無制限

アウトリーチ資料にお名前掲載

学会資料・講演会などの資料やプレゼン時に謝辞としてお名前掲載します。(希望者のみ)

リターン内容

  • アウトリーチ資料にお名前掲載
  • オンラインセミナー受講権
  • プロジェクト成果の論文送付
  • サイエンスカフェ参加権@オンライン
  • 活動報告
  • 芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)
  • お礼のメール
サポーター17人
残り17日
300,000円(税込み)
無制限

プロジェクト応援Ⅰ

私たちの活動をサポートしてくださる方を募集します。

リターン内容

  • アウトリーチ資料にお名前掲載(中)
  • オンラインセミナー受講権
  • プロジェクト成果の論文送付
  • サイエンスカフェ参加権@オンライン
  • 活動報告
  • 芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)
  • お礼のメール
サポーター2人
残り17日
500,000円(税込み)
無制限

プロジェクト応援Ⅱ

私たちの活動をサポートしてくださる方を募集します。

リターン内容

  • アウトリーチ資料にお名前掲載(大)
  • オンラインセミナー受講権
  • プロジェクト成果の論文送付
  • サイエンスカフェ参加権@オンライン
  • 活動報告
  • 芳名録にお名前掲載(徳島大学整形外科HP)
  • お礼のメール
サポーター2人
残り17日

このページの
先頭へ